琉球の始まりの地、浜比嘉島

投稿日: カテゴリー: うるま市

「オキナワアメリカン」「レトロオキナワ」をテーマにしているトリップショット・オキナワ。

今回は「レトロオキナワ」なうるま市にある浜比嘉島をご紹介します。

浜比嘉島には昔ながらの瓦屋根や情緒溢れる風景があります。

そんな浜比嘉島をご紹介していきます。

 

浜比嘉島について

沖縄県うるま市に属する有人島で、琉球の始まりの地とも言われ、子宝や五穀豊穣を祈願しに訪れる人がいるなど神聖な島です。

1997年に海中道路が開通後、車で行ける離島として、気軽に足を運べるようになりました。

日中は透明度が高くきれいな海を眺めることができ、夜になると星空に包まれるほど美しい夜空を楽しむことができます。

今もなお昔ながらの原風景を残している浜比嘉島だからこそ、自然の風景を楽しむことができます。

 

 

 

琉球の祖神シルミチュー・アマミチュー

琉球の始まりの地とされ、その祖神アマミキヨとシネリキヨがいました。

アマミキヨとシネリキヨが生活していたところがシルミチュー、お墓がアマミチューと言われる場所になります。

 

 

シルミチュー

シネリキヨとアマミキヨが住んでおり、そこで子どもをもうけたところと伝えられ、海浜から小石をひとつ拾い、洞窟に置いている壺に入れて多くの人が祈願しています。階段を上がると洞窟があり洞窟内には鍾乳石の陰石があります。子宝が授かる聖域としても有名です。

 

 

 

アマミチュー

シネリキヨとアマミキヨのお墓と言われており、勝連町の指定文化財でもあります。

旧暦の1月1日に五穀豊穣、無病息災、子孫繁栄を願う祭事が行われるなど神聖な場所になります。

 

 

 

浜比嘉島にある3つのビーチ

浜比嘉島には浜ビーチ、ムルク浜、兼久ビーチと3つのビーチがあります。

浜比嘉島に着けばすぐ近くにビーチがあるのが魅力的。

本島に比べ透明度が高く綺麗な海です。

ムルク浜とシルミチュー手前の兼久ビーチは天然のビーチで、浜ビーチは人工ビーチとそれぞれのビーチを楽しむことができます。

 

(浜ビーチ)

 

 

歴史的背景からも神聖な場所とされる浜比嘉島。

その浜比嘉島の雰囲気に合った宿泊施設としてトリップショットヴィラズ・ハマヒガが建てられました。

本島に比べ穏やかな空気が流れているので、ゆっくりと観光したい、そんな方には浜比嘉島はおススメのスポットです。

ぜひ浜比嘉島に訪れてみてください。