3つの顔を持つやちむん通りの老舗窯元

投稿日: カテゴリー: 那覇

那覇市壺屋、やちむん通りにある「壺屋焼窯元育陶園 本店」。

お店の軒先にブーゲンビリアが優しい木陰を演出してくれています。

店構え同様、伝統、器、取組等、やちむん通りの「景色」をつくる老舗窯元です。

 

 

育陶園 本店のブランドラインが並ぶ店内。

伝統と革新が見事に融合したその品揃えは多彩で、眺めれば眺めるほど、様々なシーンを連想し、それぞれ欲しくなってしまいます。

 

 

育陶園の新定番、「唐草線彫」

壺屋焼の伝統的な模様である唐草模様をアレンジしたもの。

黒、白、緑袖というふうに、同じ器でもカラーシリーズとして分けることによって風合いの違いを楽しめるようになっています。

 

 

伝統的な器ももちろんあります。

お魚の柄などは壺屋焼のおおらかさを感じます。

 

 

育陶園では、現代の名工でもあった先代「高江洲育男」の獅子の型を受け継いだ獅子づくりを行なっています。

メインブランド「育陶園獅子」として、凛とした雰囲気を漂わせています。

 

 

育陶園ではチームでつくる、分業制を採用。

職人さん各々が一つの作業に集中することで、プロフェッショナルな仕事を引き出すことができるそうです。

工房は、壺屋ではトップクラスの大きさを誇ります。

 

壺屋焼窯元育陶園 本店

沖縄県那覇市壺屋 1-22-33

098-866-1635

9:30〜18:30

定休日:元日

 

 

 

続けて育陶園から生まれた二つのブランドショップをご紹介いたします。

 

 

時を味わう器 Kamany

 

「育陶園 本店」からやちむん通り入口向けに歩いて行くと見えてくるのが「Kamany カマニー」。

若手が中心となり、デザイナーを迎えてつくられたシリーズが並びます。

 

 

幾何学模様をベースにした直線柄は、なんとカミナリやバナナの葉がモチーフ。

モダンでありながら懐かしさを感じる器です。

 

Kamany

沖縄県那覇市壺屋 1-22-37

098-911-6664

10:30〜18:30

定休日:元日

 

 

 

 

朝のひとときを元気にする器「guma guwa

 

先ほどの「Kamany」からさらに、やちむん通り入り口に向けて歩いていくと「育陶園」から生まれたもう一つのブランドショップ「guma guwa グマーグワー」が見えてきます。

朝を楽しむための暮らしのアイテムが、器を中心に並んでいます。

 

 

guma guwaの定番、モーニングラインの器達。

爽やかで明るいデザインに、優しい色合いで絵付けられています。

朝から楽しい気持ちで過ごせそうです。

 

 

北欧風な壺屋焼きのマグカップも。

カジュアルでポップなブランドguma guwaならではの器です。

 

guma guawa

沖縄県那覇市壺屋 1-16-21

098-911-5361

10:30〜18:30

定休日:元日

 

 

沖縄の景色であり続けること。

 

器から手を通して伝わるぬくもりは、今の暮らしに寄り添う「育陶園」の在り方そのものである気がしました。

 

また、毎月各店舗で行われている企画展では、既存のもののみならず、様々なアイテムが登場。そこからまた新たな景色が生まれてくるのかもしれませんね。

www.ikutouen.com